初めてのマンション購入

buy for the first time

知っておきたいマンション購入にかかる費用
結婚・出産・投資など「マンションが欲しいな」と思うタイミングは人それぞれ。
ここでは、マンション購入までに知っておいた方が良い費用に関する知識や、不動産仲介の仕組みなどをご紹介いたします。 特に、不動産取得税や固定資産税は、住宅を購入・新築したときではなく、その翌年に納めるものなので、忘れてしまいがち。でも、物件価格によっては合わせて数十万円にもなるものですから、事前に知識を得て準備しておきましょう。

不動産仲介の仕組み

不動産仲介の仕組み
ありとあらゆる物件の情報が登録された不動産流通機構(レインズ)は、すべての不動産会社が扱うことができます。同じ物件を購入する場合でも、不動産会社によって提示される仲介手数料は異なりますので、購入前にしっかり比較されることをおすすめします。
詳細はコチラ

物件価格以外にかかる費用

物件価格以外にかかる費用
まず、購入時にかかる費用として、住宅ローンの借り入れ費用、不動産登記にかかるお金、家具購入や引越し代金などの費用が発生します。購入後には、税金(固定資産税・都市計画税)、管理費や修繕積立金、駐車場代などがかかります。
詳細はコチラ

売買契約関連費用

売買契約関連費用
仲介手数料、司法書士報酬、各種登記費用、申込証拠金/予約金、手付金、土地家屋調査士報酬などがかかります。物件によっては支払わなくても良いものもあるので調べてみましょう。
詳細はコチラ

住宅ローン関連費用

住宅ローン関連費用
融資事務手数料、抵当権設定登記費用、抵当権設定登記手数料、住宅ローン保証料、団体信用生命保険料、火災保険料・地震保険料、フラット35を使用する場合は、物件検査手数料などの費用が必要となります。物件価格の約5~10%程度を準備しておきましょう。
詳細はコチラ

その他諸費用

その他諸費用
住宅取得に係る各種の税金や手数料、住宅ローンの借入れに伴う費用等を説明しましたが、まだまだこれだけではありません。 思わぬ出費で慌てないように事前にしっかりとチェックしておきましょう。
詳細はコチラ

モデルケース

モデルケース
マンション購入にかかる費用を、具体的にイメージするため、具体的な物件を挙げてシミュレーションしてみましょう。
詳細はコチラ