物件価格以外にかかる費用について

price

マイホームの購入を検討されている方のなかには、いざ購入を決めたとき初めて諸費用にいくら必要なのかを知り、 驚かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
マイホーム購入時の諸費用は意外と高く、物件価格の6~9%程度の金銭が必要です。例えば物件価格が5,000万円であれば300~450万円もの諸費用が必要なのです。
このように考えますと、諸費用の負担も軽く考えられません。諸費用についての知識を得て、是非マイホーム取得に向けてお役立て頂ければと思います。
物件価格以外にかかる費用について

弊社コンシェルジュでは、諸費用の概算も行っております。ご希望の物件がお決まりでしたら、弊社コンシェルジュまでご相談ください。
下記表にて分かりやすくかかる費用と時期をまとめてみました。その他詳細については、表に記載しているもの以外の細かい費用についても具体的に説明しております。

マイホーム取得に係る諸費用とその支払い時期

項目 金額の目安 支払時期
売買契約関連 仲介手数料 売買価格×3%+6万円+消費税が上限 売買契約成立後
司法書士報酬
各種登記費用
8~20万円 登記終了後
ローン関連 ローン保証料 民間金融機関の場合、1,000万円(35年返済の場合)当たり20万円前後が目安。融資時に一括払い、金利上乗せ等、金融機関によって支払い方法が異なる。 ローン借入時
ローン手数料 3~5万円(金融機関によって異なる) ローン借入時
団体信用生命保険 民間ローンの場合は金利に含まれていることが多い(0.3%程度)。
フラット35の場合は年払いです。
ローン借入時
火災保険料(+地震保険) 建物の時価から算出 ローン借入時
税金 印紙税 売買契約書15,000円(20,000円/平成23年3月31日まで軽減措置が適用されます)
ローン契約料20,000円
※1,000万円超5,000万円以下の場合
売買契約時
登録免許税 固定資産税評価額、借入額などから算出(平成23年3月31日まで1.0%、平成24年3月31日まで1.3%、平成25年3月31日まで1.5%、特例税率が適用) 登録時
不動産取得税 土地・家屋とも3%(軽減措置あり、平成24年3月31日まで) 入居後
固定資産税
都市計画税
固定資産税評価額から算出 入居後
(以後毎年納付)